遊 建築設計社 遊 建築設計社

ブロックプランBLOCKPLAN

Q. 『ブロックプラン』とは?A. 構造・コスト・デザインを考えた
これからの『家づくり(間取りづくり)』
方法です。

『ブロックプラン』=間取りづくりの方法

タテ×ヨコ、同じ大きさの「ブロック」を上下階(1階と2階)で重ね合わせて間取りをつくっていく方法です。
無駄がなく合理的な考え方です。
構造が安定し、またシンプルな間取りがコストダウンにつながります。
さらにデザイン的にもバランスの取れた家ができます。

『ブロックプラン』=間取りづくりの方法

『ブロックプラン』でつくる住まいのいろは(特長)

つまでも安心、強くたくましい家
間取りづくり(平面・立面計画)から建物の構造を意識することが大切です。
スが少なく、ムダのない家
コストダウンを図るためには、シンプルで無駄のない家づくりがポイントです。
ランスが良く、外観デザインが整った家
間取りを計画しながら外観デザインを整えることも、家づくりでは重要です。

『ブロック』で考える間取り

ブロック(箱)で計画すると、間崩れがなく安定した構造の家をつくることができます。
もう一方で、住まう人にとって大切な「暮らし方=想い」をブロックに込めることも、重要な考え方となります。
安心・安全の家づくりは、家族が笑顔で毎日を過ごせること、家族を守ってくれる力強い建物であること。この2つを満足させることが、『ブロック』で考える間取りです。

『ブロック』で考える間取り
矢印 矢印
『ブロック』で考える間取り
これが
『ブロックプラン』

1階と2階のブロック(箱)を、同じ位置・同じ大きさで重ね合わせることで、構造上、重要な上下階の壁や柱の位置が一致します。間崩れのないシンプルな構造フレームによって、荷重を素直に地盤へと伝えることができます。

ブロックで考えると1階と2階の壁(柱)が同じ位置で重なるので安心。

柱と壁で、シンプルなフレーム(ブロック)をつくる

柱(壁)の下に柱(壁)がある
上下階の柱(壁)の位置を合わせることで、“力”が上から下へと伝わります。
柱の下に柱がある 柱の下に柱がある
上下階の耐力壁を合わせる
バランスよく壁を配置することで安定した建物となります。
上下階の耐力壁を合わせる 上下階の耐力壁を合わせる
ホームへ戻る
  • HOME
  • ブロックプラン